HOME > 木村真規子ビューティーコラム > 第66回「メイク直しテクニックで美肌キープ」

カートを見る
PRODUCT(商品) アイテムから探す

スキンケア一覧

美容液

化粧水

保湿ゲル&クリーム

アイケア

マスク

洗顔

美容・健康サプリメント

ヘアケア

ボディケア

メイクアップ

お肌の悩みから探す

保湿ケア

美白ケア

弾力ケア

敏感肌

ニキビケア

毛穴ケア

暮らしのニスタ まつまゆセラムモニターレポート
メイクアップ
木村真規子ビューティーコラム/PROFESSIONAL

美運・開運ナビゲーター ヘアメイクアップアーティスト木村真規子「美運ビューティーコラム」

2018.01.20

メイク直しテクニックで美肌キープ

本年もよろしくお願いいたします。
新しい年の一回目のコラムとなります。

皆様、楽しいお正月をお過ごしのことでしたでしょう。
ゆっくりと出来ましたでしょうか?

女性としては何かと忙しい時季、
そろそろ『お肌の疲れも目立ってきた』なんて女性には
ぜひ、取り入れて頂きたい日常遣いのお手入れです。

12月のコラムとあわせて参考にしてくださいね。

お肌の美しさは表皮にあらわれますが、
表皮が乾燥して硬くなってしまうと、
内側からの潤いのもと、代謝のもととなる血流や
脂質と汗などの代謝が鈍り潤い成分が滞り
角質が硬くなり乾燥します。

すると、外側から補いたいスキンケアの
潤い成分や保湿成分も入りにくくなり
潤いに欠けた乾燥肌の硬い表皮となってしまいます。

硬い表皮は厚くなり、さらに乾燥しやすくなりますので
早めのお手入れが必要です。

先月お伝えした美しいお肌のための
セラムファンデの使用方法をふまえて

『さらなる美肌のためのメイク直しの方法』をご提案いたします。

■乾燥の季節は、メイクもスキンケア効果で選ぶ

硬くなったお肌にセラムファンデをのせると
乾燥が目立ってしまう事があります。
これは乾燥による肌荒れです。

セラムファンデは、潤い成分が時間と共にとけだして
乾燥をカバーするのですが、
乾燥が激しいと角質のめくれが気になります。

乾燥に加えて、頑張る日常がお肌にストレスとして表れると
きちんとした肌のケアが必要になります。

でも、できるなら簡単ケアが希望ですよね~!
それが、疲れてフラフラの夜ケアじゃなく
メイクしている日中に出来るのは嬉しいでしょう。

ファンデを塗りながらケアできるのが、
セラムファンデのおススメポイントです。

■乾燥肌には、オイル1滴プラスで見違える

風邪で体調不良など乾燥気味な環境で過ごしていると
唇や鼻カサカサで乾燥サインがでますよね。

そんな時には、セラムファンデにオイルを一滴プラスします。

オイルは、お手もちのオイルでもいいですし、
「ダーマライズオイル」もおすすめです。

ダーマライズオイルは乾燥・肌荒れ回復に効果が高いのですが
実はこのオイル、ファンデにもなじみやすいので
私はファンデに混ぜて使用しています。

1滴混ぜるとこっくりとしたセラムファンデとなり
表皮がめくれた乾燥肌荒れまでもしっとりと仕上げます。
九州産100%ピュア馬油を使用しているので
1本あると安心のオイルです。

冬は、いつものスキンケアにもオイルをプラス。
洗顔後の濡れた肌に1滴、
美容液・クリームの最後にも一滴。
これで、めくれた乾燥肌荒れも安心です。

■乾燥MAX!撮影スタジオでの乾燥対策

日常生活にも乾燥の激しい環境はありますが、
プロの現場、撮影スタジオもそうなのです。

冬に夏用の撮影や夏に冬用の撮影となることが多く
エアコンもフル回転となり乾燥Maxが日常となっています。

飛行機や新幹線や車など移動の多いお仕事も
乾燥Maxの環境ですね。

セラムファンデ+オイルでうるおい肌を仕上げても
過酷な乾燥環境で過ごすと時間とともに
お肌の乾燥を感じてしまうこともあります。

角質層(バリアゾーン)が薄い女性はお肌がきれいなのですが、
その反面、保湿力が弱いので、乾燥肌荒れも悩みの種のようです。

時間とともにお肌の乾燥を感じ、パサつきクスミが出てくるとか
目元の小じわやヨレが目立ってきて
鏡を見てビックリなんてことありますよね。

ファンデーションなしの人は
もっと乾燥しているはずなのですが… 心配です。

乾燥を感じたら、シュッと「デイリーモイスチャーライジングミスト」。
これは撮影時のメイク直しのマストアイテムです。

化粧水のようなミストはよくみかけますが
モイスチャーライジングミストは潤いパワーに自信ありです。
潤いがありながらファンデのヨレがなく
ミストをプッシュするごとに、超ナノバリア保湿成分で瞬時に
乾燥を回復して潤うのです。

メイク直しは、肌の乾燥やくすみを隠そうとすればするほど
厚塗りになっていくので、肌のベースから潤わせることが大切。
肌が潤っていると、それだけで肌がキレイに見えるのです。

全体に潤いを回復できても、
元々あるちりめんジワや小ジワはあきらめていませんか?
あきらめちゃダメ!

メイクの上から使える
『アイ・スティックセラム』
が最高です!!!

乾燥するところは表情の良く動く皮膚です。
目の周辺、
口の周辺、
オデコ周辺。
気になるところにアイ・スティックセラムを
シワを消す消しゴムのように塗ってみてください。

あら不思議!
特殊ヒアルロン酸が角質内で膨らみ、
小じわをふっくらと目立たなくします。

乾燥シワが気になるところには
デイリーモイスチャーライジングミストとアイ・スティックセラムを
二つとも多めに使ってみると、
ふっくら肌で乾燥ジワも目立たなくなるのです。

すごいでしょ。

メイク直しで美肌キープまで叶えてくれる
化粧品の使用方法とテクスチャーを試して頂ける
メイク講座を3月6日開催いたします。
ぜひ、お肌で感じてください。
皆様にお目にかかれますこと楽しみにしております。

本年も美運メイク情報をお伝えしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

木村 真規子(ヘアメイクアップアーティスト)

JJ,anan,25ans などの主力女性誌、各テレビ局、全日空、資生堂など日本の一流企業をクライアントとして持ち、広告業界の第一線で活躍。同時に人相学を学ぶことで、メイクで好感度をアップすると運命がよい方向に変化していくことを発見し、美運メイクを考案。
美と開運のナビゲーターとして活躍の場を拡げている。

過去のコラム一覧

2012.08.20 夏こそがアンチエイジングのキモ

2012.09.20 お肌と脳の意外な関係。

2012.10.20 幸せエネルギーを充満する呼吸法

2012.11.20 この冬のパーティメイクのコツ

2012.12.20 2013年運気アップのヘア&メイク

2013.01.20 月のテンポで”ツキ”と美を呼ぼう

2013.02.20 口元にでる品性

2013.03.20 素敵なパートナーとの出会いを呼び込むルール

2013.04.20 色の心理学

2013.05.20 夏までにダイエット!

2013.06.20 美しいお肌と腸の関係

2013.07.20 夏のオーラ肌

2013.08.20 鏡の魔法

2013.09.20 美運としての姿勢

2013.10.20 日本人の感性・うしろ姿の美

2013.11.20 幸せ美運メイク・5つのポイント

2013.12.20 美しい写真の撮られ方とコツ

2014.01.20 2014年の幸運の風を呼び込む運気アップ術

2014.02.20 女子力と運気

2014.03.20 女性ホルモンと香り

2014.04.20 運気別メイクアップ

2014.05.20 仕事運アップのメイク

2014.06.20 恋愛運アップのメイク

2014.07.20 金運アップのメイク

2014.08.20 健康運・母性運アップメイク

2014.09.20 秋冬に向けての眉メイク

2014.10.20 エイジレスな美人髪

2014.11.20 冬の乾燥ケア

2014.12.20 美運メイク2015

2015.01.20 口元の品格について

2015.02.20 なりたい自分についてのカウンセリング

2015.03.20 オイル美容

2015.04.20 プロトコールマナー(国際儀礼)

2015.05.20 愛し愛される顔

2015.06.20 穏やか心は美運のお約束 ~睡眠の質の大切さについて~

2015.07.20 美の潜在能力

2015.08.20 おとめ座のパワーを味方に

2015.09.20 秋の夜長とメンズ美容

2015.10.20 カルシウムと女性美の関係

2015.11.20 雰囲気美人、美人風オーラの出し方

2015.12.20 しあわせメイクのために

2016.01.20 新年 開運美運神社

2016.02.20 美しい横顔のために

2016.03.20 なりたい自分になる。

2016.04.20 プロフィール写真のアピール力

2016.05.20 気色・血色を良くする

2016.06.20 男性のメイクとオシャレ

2016.07.20 ハイライトの面白さ

2016.08.20 秋冬のトレンド眉

2016.09.20 秋冬のファションとチークのトレンド

2016.10.20 心美人・心化粧とは

2016.11.20 メイクの魔法

2016.12.20 新しい年の美運気アップ術

2017.01.20 2017年 新しい年のはじまりです。

2017.02.20 写真のきれいな取られ方

2017.03.20 旅メイク提案

2017.04.20 春は肌も心もみずみずしく

2017.05.20 美しくいるセルフイメージ

2017.06.20 見た目マイナス5歳のためのメイク法

2017.07.20 ハッピーエイジングのまつ毛ケアー

2017.08.20 表情筋をほぐすとストレスもほぐれる

2017.09.20 秋の気配を早ばやと感じ、秋冬のおしゃれも楽しみですね。

2017.10.20 心の壁をとっぱらい自分のありのままを表現

2017.11.20 ラッキーな人の外見

2017.12.20 ファンデーションでスキンケア

2018.01.20 メイク直しテクニックで美肌キープ