HOME > 木村真規子ビューティーコラム > 第59回「見た目マイナス5歳のためのメイク法」

カートを見る
PRODUCT(商品) アイテムから探す

スキンケア一覧

美容液

化粧水

保湿ゲル&クリーム

アイケア

マスク

洗顔

美容・健康サプリメント

ヘアケア

ボディケア

メイクアップ

お肌の悩みから探す

保湿ケア

美白ケア

弾力ケア

敏感肌

ニキビケア

毛穴ケア

暮らしのニスタ まつまゆセラムモニターレポート
メイクアップ
木村真規子ビューティーコラム/PROFESSIONAL

美運・開運ナビゲーター ヘアメイクアップアーティスト木村真規子「美運ビューティーコラム」

2017.06.20

見た目マイナス5歳のためのメイク法

梅雨の晴れ間が貴重な時期となりました。
お天気が良いと体調も心も晴れ晴れとして
活動しやすいのですが
気温の変化に体調を崩さないようにしたいですよね。

気候や体調の変化にともない
お肌や表情の変化も気になってきます。

季節の変化・体調の変化でジワジワと
老けが近づいてくるようです。

■老けのサインを知ることからはじめてみましょう

マイナス5歳をめざすためにまずは
老けのサインを知ることからはじめてみましょう。

ハリのある若い頃には無かった
「いやな影」をチェックしてみてください。
・目の下のたるみ(ゴルゴライン)
・ほうれい線
・口角からあごに下がるマリオネットライン

いやな影の先にはさらなる
老けサイン「たるみ」
・耳下からあごにかけてのラインがもたついてきます。
・口元がもたつき口角が下がり不機嫌そうな口元に。
・鼻の下も若干長くなってきてきたように感じる。
・あごのラインがもたつき顔全体も大きくなる。

目元の変化
・目尻に小じわができる。
・目尻が下がる
・まぶたが緩んでくるので目が小さくなる。
・目力がなくなる。

まつ毛と眉毛などの毛の変化
・眉毛が減ってくる
・眉毛の1本1本に力がなくなりボリュームダウン
・目尻とともに眉尻も下がってきます。
・まつ毛が減って短くなる。

他には、顔の産毛が濃くなってきたわりに
髪の量やコシがなくなり全体のボリュームがなくなって
つむじからトップや分け目周辺が減り
顔老けの大きな原因ともなります。

ずらっとならべてみると冷や汗が出てきそうですね。

メイクをするにも若い頃のメイクのままでは
よけいに老け顔になってしまうのが分かってもらえたと思います。

■ファンデーションでお肌のクスミを調整

まずは、
お肌のクスミ 調整したいですよねー。
お顔のクスミには
血行が悪く透明感が悪くなる青クスミがあります。
顔色が悪いと言われる時はだいたい青クスミとなります。

赤クスミは毛細血管が拡張して起こり
赤ら顔とクスミで赤クスミになります。
赤クスミは、お顔の中心に出やすいので赤ら顔のイメージに
見られてしまいます。

黄クスミは年齢とともに誰にでも起こってしまう老化です。
糖化によって透明感を失ってしまうのも原因です。
色白の方も、年齢とともに黄クスミが顔色の衰えとして
気になってきます。
シミや色ムラで黄クスミもさらに目立ってきます。
毛穴もゆるみ影が強くなりクスミの原因にもなります。

コントロールカラーを使って顔色の調整をしている方は
厚塗り感にならないようにテクニックが必要です。
さらに各色のクスミ具合に合わせコントロールカラーと
コンシーラを使うのは朝から大変な作業・・・

目の下の青クスミと 頬の毛穴の開いた赤クスミと
全体の黄クスミと シミと色ムラの茶クスミまで…

ひとりの顔の中に色とりどりのクスミがあると
朝のメイクもファンデーションの段階で
もうぐったりですね。

それを、ひと塗りで美肌に仕上げるのが嬉しい
*ダンのセラムファンデです!*

目の下や頬の気になる部分に
白いファンデを優しくおいて
軽やかにタッピングしていただくと
ハイライト効果が自然に出て
肌色の調整と、スキンケアまでしてくれる。

ほとんどのクスミ色の肌にもコントロールカラーなしで
綺麗に仕上がるように何種類もカラーカプセルがブレンドしてあり
美容成分もビックリするほどたっぷりと含まれていているから
*セラムファンデ*1本で
時短でキレイにマイナス5歳肌が作れますので
使わない手はないですね!おススメですよ。

モタツキフェイスが気になったら
耳の横からあごのフェイスラインに
薄くなじませる毎に
シェイデングしているような引き締めを感じられます。

まだ、セラムファンデをお試しいただいたことのない方は
ぜひ試してみてください。
時短でぐっと若返ります!

■若見えポイントの眉・アイラインのメイク

あとは、若見えポイントの眉・アイラインのメイクですが
重力とともに下がったラインを少しでもアップして見えるように
眉尻・目尻のラインを少しだけ上げて描いてみましょう

眉は少し短めにすると若々しく見えます。
眉の底辺側を濃い目に描いてみるのも
若見えテックニックですよ。

目尻のアイラインも目幅より長めに
目尻を上げ気味に引いてみましょう。

お顔の中で黒いポイントになるので
少しの変化でも効果がでやすい若返りポイントですよ。

まぶたが下垂すると三白眼っぽく見えたりしますから
アイラインとマスカラで黒目も大きく見えるという
錯覚を利用しましょう。
アイラインとマスカラも若返りに欠かせない力となります。

キッチリ・スッキリ感があるのも若見えポイントですから
目元は大切ですね!

アイシャドウの色にこだわるよりも
若見えには、眉デザイン・アイライン・マスカラの
若見えの三種の神器を上手に工夫してみましょう。

■唇のメイクと表情筋

唇がうすめの方は、上唇を少し厚めに描いてみて下さい。
年齢とともに鼻の下も若干長くなった様に見えるのも
唇の回りの筋肉が使われなくなるのと同時に
唇全体のボリュームも減ってきます。

笑顔になった時に上唇が全てなくならないように
リップラインを大きくしてみましょう。

表情筋の中でも眼輪筋と口輪筋は大きな筋肉です。
無表情(=無感情)でいると血流が悪くなって
クスミ・タルミも出やすくなります。
表情筋と脳と感情は連動していますから
緩まないよう五感も刺激出来るように
感性をイキイキと豊かにしたいですよね。

■自惚れメイクで若見えマイナス5歳を叶えましょう。

しかし、自分に厳しい毎日では疲れるだけ
ちょっとした自惚れも必要ですよね~!

鏡を見ながら、自分の若見えポイントに
自惚れながらメイクを楽しんでください。

自惚れメイクで、若見えマイナス5歳を叶えましょう。

年齢とともに内面も豊かになることで
外見ににじみ出る魅力ある女性はステキです

痛々しい若づくりには、くれぐれもご注意ください。

大人のメイクアップは、内面の補助として
感性がにじみでるものです。

自惚れながら若見えオシャレと
夏ファッションの準備もして
梅雨を乗り切ってくださいね。
今回も最後まで読んで頂き感謝いたします

木村 真規子(ヘアメイクアップアーティスト)

JJ,anan,25ans などの主力女性誌、各テレビ局、全日空、資生堂など日本の一流企業をクライアントとして持ち、広告業界の第一線で活躍。同時に人相学を学ぶことで、メイクで好感度をアップすると運命がよい方向に変化していくことを発見し、美運メイクを考案。
美と開運のナビゲーターとして活躍の場を拡げている。

過去のコラム一覧

2012.08.20 夏こそがアンチエイジングのキモ

2012.09.20 お肌と脳の意外な関係。

2012.10.20 幸せエネルギーを充満する呼吸法

2012.11.20 この冬のパーティメイクのコツ

2012.12.20 2013年運気アップのヘア&メイク

2013.01.20 月のテンポで”ツキ”と美を呼ぼう

2013.02.20 口元にでる品性

2013.03.20 素敵なパートナーとの出会いを呼び込むルール

2013.04.20 色の心理学

2013.05.20 夏までにダイエット!

2013.06.20 美しいお肌と腸の関係

2013.07.20 夏のオーラ肌

2013.08.20 鏡の魔法

2013.09.20 美運としての姿勢

2013.10.20 日本人の感性・うしろ姿の美

2013.11.20 幸せ美運メイク・5つのポイント

2013.12.20 美しい写真の撮られ方とコツ

2014.01.20 2014年の幸運の風を呼び込む運気アップ術

2014.02.20 女子力と運気

2014.03.20 女性ホルモンと香り

2014.04.20 運気別メイクアップ

2014.05.20 仕事運アップのメイク

2014.06.20 恋愛運アップのメイク

2014.07.20 金運アップのメイク

2014.08.20 健康運・母性運アップメイク

2014.09.20 秋冬に向けての眉メイク

2014.10.20 エイジレスな美人髪

2014.11.20 冬の乾燥ケア

2014.12.20 美運メイク2015

2015.01.20 口元の品格について

2015.02.20 なりたい自分についてのカウンセリング

2015.03.20 オイル美容

2015.04.20 プロトコールマナー(国際儀礼)

2015.05.20 愛し愛される顔

2015.06.20 穏やか心は美運のお約束 ~睡眠の質の大切さについて~

2015.07.20 美の潜在能力

2015.08.20 おとめ座のパワーを味方に

2015.09.20 秋の夜長とメンズ美容

2015.10.20 カルシウムと女性美の関係

2015.11.20 雰囲気美人、美人風オーラの出し方

2015.12.20 しあわせメイクのために

2016.01.20 新年 開運美運神社

2016.02.20 美しい横顔のために

2016.03.20 なりたい自分になる。

2016.04.20 プロフィール写真のアピール力

2016.05.20 気色・血色を良くする

2016.06.20 男性のメイクとオシャレ

2016.07.20 ハイライトの面白さ

2016.08.20 秋冬のトレンド眉

2016.09.20 秋冬のファションとチークのトレンド

2016.10.20 心美人・心化粧とは

2016.11.20 メイクの魔法

2016.12.20 新しい年の美運気アップ術

2017.01.20 2017年 新しい年のはじまりです。

2017.02.20 写真のきれいな取られ方

2017.03.20 旅メイク提案

2017.04.20 春は肌も心もみずみずしく

2017.05.20 美しくいるセルフイメージ

2017.06.20 見た目マイナス5歳のためのメイク法

2017.07.20 ハッピーエイジングのまつ毛ケアー

2017.08.20 表情筋をほぐすとストレスもほぐれる

2017.09.20 秋の気配を早ばやと感じ、秋冬のおしゃれも楽しみですね。

2017.10.20 心の壁をとっぱらい自分のありのままを表現