HOME > 木村真規子ビューティーコラム > 第51回「心美人・心化粧とは」

カートを見る
PRODUCT(商品) アイテムから探す

スキンケア一覧

美容液

化粧水

保湿ゲル&クリーム

アイケア

マスク

洗顔

美容・健康サプリメント

ヘアケア

ボディケア

メイクアップ

お肌の悩みから探す

保湿ケア

美白ケア

弾力ケア

敏感肌

ニキビケア

毛穴ケア

暮らしのニスタ まつまゆセラムモニターレポート
メイクアップ
木村真規子ビューティーコラム/PROFESSIONAL

美運・開運ナビゲーター ヘアメイクアップアーティスト木村真規子「美運ビューティーコラム」

2016.10.20

心美人・心化粧とは

オシャレの楽しい季節となりましたね。

少し冷えてしまうとの天気予報の日には
ほっこりとしたファッションに身を包みお出かけ。

暖かくなるとの予報の日には、軽やかなファッションと
着脱でオシャレの出来るお召し物に身を包みお出かけ。

オシャレは自分だけが楽しむことではなく、
日常生活での環境で出会う人たちや携わる物事での
ワクワクの時間の流れの準備になります。

■日本の装いと化粧の文化

日本には装いの文化があります。
大切なものは吉祥模様の包み紙や布に大切に包み
願いを込めて結ぶ。

結び方にまで、意味を持たせて大切に扱ったり
プレゼントにしたりもします。

日本の着物はカラダを衣に包み、ヒモや帯で飾り結び
髪は梳かして結いあげる。

もともと化粧は、神事の際に、人間のままの素ではなく
神に近づくため儀式や、我を消してピュアになるための準備などの
儀式として化粧をしていたのが始まりとも言われています。

ファッションとお化粧は、時代とともに様式が変わりながら
受け継がれてきた文化です。
でも、一番受け継いでいきたい文化は「心」にあります。

■愛する人のための心化粧

日本には、心化粧という言葉があります。

美しい言葉ですよね、「心化粧」。
愛する人と出会うための化粧の事です。

今はまだ出会っていない、愛する人のための心化粧。
もうすでに愛する人のいる女性は
愛する人の事を想いながらキュンとした思いで
逢うまでの心化粧。

愛する人に出会うための心の準備や心の装いのことだそうです。

たとえば、好意をもって頂きたいと考える相手がいるとします。
「あの人は、何が好きなのかしら?」とか
「どんなことに興味があるのかしら?」と、
事前に相手の事に心を巡らせながら心の準備をしておくこと。

そして、いよいよ相手の心の扉が開いたときに
自然体の一番美しい自分と笑顔が自然と引き出される
女性の心構えの事です。

察するのは、女性の得意分野です。

五感をフル活用していれば、自然と第六感の扉も開いていますから
絶妙な間合いをつかめると思いますよ。

心化粧をしている女性は、内面の心美人として
お相手の心も穏やかにしっくりと晴れやかにすることでしょう。

■心化粧は他人を思いやる心

心化粧は、恋する女性の事だけではありません。
自分のお仕事や、携わる環境や人間模様も同じといえますね。

お客様をお迎えする店舗や環境でも、はじめてお目にかかる人がいる時も
心化粧を忘れてはいけないことですよね。

お迎えする側が、お客様に合わせて環境をしつらえる。
あれこれの準備は、お相手の心を開く事とともに
お互いの信頼関係が心から交換出来ることでしょう。

心化粧は本当に大切なことですね。

相手を思いやる想像力は、日本人の得意技でした。

しかしながら近頃は、
相手より自分の事が大切なのは、幸せな証拠なのでしょうか?

マスメディアでは、結婚や恋愛に価値を感じない男女が多くいると伝えています。

個人の時間が大切で邪魔されたくないとの事です。
居心地の良さと環境がすでに手に入っていることが当たり前ですから、
他人に干渉しないことで面倒なことに巻き込まれないように
ということかもしれません。

なにか、モノクロームな世界になりそうなのが心配です。

どうかひとりでも多くの女性が
心化粧を心がけ、心美人が増えていくことを願ってしまいます。

■心がともなうことで、美しさは完成される

美しさは、ファッションやメイクだけでは、まだ未完成。
相手の事を思いやることで、自分磨きや美意識が向上していくのです。
意識が変わると、お肌のお手入れや口紅の色選びやアイカラーの選び方、
ポイントメイクの仕方が素敵に変わることでしょう。

もちろん時には、自己主張メイクが必要な時もあります。
自己主張メイクとは、自己アピールのための演出メイクのこと。
仮想パーティー時や、タレントのブランディイングでの差別化が必要な時、
イメージ戦略での夜の接客業の女性なども、
自分らしさより男性受けの演出をしなければならない事もあります。

そんな中でも日本女性の文化や心の中には、思いやり文化や、
察することの出来る魂の気高さは残していけたらと願っています。

自分自身がお相手のためにも美しくいる事や
美しい佇まいでいる事、環境をしつらえお迎えすることで
人様までも美しい彩りとハッピーな時間を共にクリエイトする
心メイクアップアーティストになって頂きたい!

魅力にあふれた心美人×心化粧の女性として
心化粧を意識してみましょう。
毎朝のメイクアップと夜のスキンケアの仕上りが格段に向上します。

心のともなった思考と行動でさらに美しさに磨きがかかり、
美と運がアップすること間違いなしです。

明日は誰と会ってどんな時間を過ごしていることでしょう?

素敵な日となりますように。
愛を込めてお祈りしています。

最後まで読んで頂き感謝申し上げます♡

木村 真規子(ヘアメイクアップアーティスト)

JJ,anan,25ans などの主力女性誌、各テレビ局、全日空、資生堂など日本の一流企業をクライアントとして持ち、広告業界の第一線で活躍。同時に人相学を学ぶことで、メイクで好感度をアップすると運命がよい方向に変化していくことを発見し、美運メイクを考案。
美と開運のナビゲーターとして活躍の場を拡げている。

過去のコラム一覧

2012.08.20 夏こそがアンチエイジングのキモ

2012.09.20 お肌と脳の意外な関係。

2012.10.20 幸せエネルギーを充満する呼吸法

2012.11.20 この冬のパーティメイクのコツ

2012.12.20 2013年運気アップのヘア&メイク

2013.01.20 月のテンポで”ツキ”と美を呼ぼう

2013.02.20 口元にでる品性

2013.03.20 素敵なパートナーとの出会いを呼び込むルール

2013.04.20 色の心理学

2013.05.20 夏までにダイエット!

2013.06.20 美しいお肌と腸の関係

2013.07.20 夏のオーラ肌

2013.08.20 鏡の魔法

2013.09.20 美運としての姿勢

2013.10.20 日本人の感性・うしろ姿の美

2013.11.20 幸せ美運メイク・5つのポイント

2013.12.20 美しい写真の撮られ方とコツ

2014.01.20 2014年の幸運の風を呼び込む運気アップ術

2014.02.20 女子力と運気

2014.03.20 女性ホルモンと香り

2014.04.20 運気別メイクアップ

2014.05.20 仕事運アップのメイク

2014.06.20 恋愛運アップのメイク

2014.07.20 金運アップのメイク

2014.08.20 健康運・母性運アップメイク

2014.09.20 秋冬に向けての眉メイク

2014.10.20 エイジレスな美人髪

2014.11.20 冬の乾燥ケア

2014.12.20 美運メイク2015

2015.01.20 口元の品格について

2015.02.20 なりたい自分についてのカウンセリング

2015.03.20 オイル美容

2015.04.20 プロトコールマナー(国際儀礼)

2015.05.20 愛し愛される顔

2015.06.20 穏やか心は美運のお約束 ~睡眠の質の大切さについて~

2015.07.20 美の潜在能力

2015.08.20 おとめ座のパワーを味方に

2015.09.20 秋の夜長とメンズ美容

2015.10.20 カルシウムと女性美の関係

2015.11.20 雰囲気美人、美人風オーラの出し方

2015.12.20 しあわせメイクのために

2016.01.20 新年 開運美運神社

2016.02.20 美しい横顔のために

2016.03.20 なりたい自分になる。

2016.04.20 プロフィール写真のアピール力

2016.05.20 気色・血色を良くする

2016.06.20 男性のメイクとオシャレ

2016.07.20 ハイライトの面白さ

2016.08.20 秋冬のトレンド眉

2016.09.20 秋冬のファションとチークのトレンド

2016.10.20 心美人・心化粧とは

2016.11.20 メイクの魔法

2016.12.20 新しい年の美運気アップ術

2017.01.20 2017年 新しい年のはじまりです。

2017.02.20 写真のきれいな取られ方

2017.03.20 旅メイク提案

2017.04.20 春は肌も心もみずみずしく

2017.05.20 美しくいるセルフイメージ

2017.06.20 見た目マイナス5歳のためのメイク法

2017.07.20 ハッピーエイジングのまつ毛ケアー

2017.08.20 表情筋をほぐすとストレスもほぐれる

2017.09.20 秋の気配を早ばやと感じ、秋冬のおしゃれも楽しみですね。

2017.10.20 心の壁をとっぱらい自分のありのままを表現