HOME > 木村真規子ビューティーコラム > 第33回「プロトコールマナー(国際儀礼)」

カートを見る
PRODUCT(商品) アイテムから探す

スキンケア一覧

美容液

化粧水

保湿ゲル&クリーム

アイケア

マスク

洗顔

美容・健康サプリメント

ヘアケア

ボディケア

メイクアップ

お肌の悩みから探す

保湿ケア

美白ケア

弾力ケア

敏感肌

ニキビケア

毛穴ケア

暮らしのニスタ まつまゆセラムモニターレポート
メイクアップ
木村真規子ビューティーコラム/PROFESSIONAL

美運・開運ナビゲーター ヘアメイクアップアーティスト木村真規子「美運ビューティーコラム」

2015.4.20

プロトコールマナー(国際儀礼)


春のお花が次々と咲き誇っていますね。
気持ちの良い季節となり、連休を楽しみに旅行の計画を立てていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。

今回のコラムは、プロトコールについてお伝えしてまいります。

海外での生活・お仕事・旅行などでも(就職・転職・転勤など日本国内外でも)
「郷に入れば郷に従え」とよく言いますね。
あなたの思いやりの心や能力がどんなに優れていても、国際社会で伝わらないのでは
残念です。

マナーの真髄は、命を敬う心の表現といわれます。
マナーと聞くと「恥をかかないために」と思う方がいらっしゃいますが、
これは誤った考え方です。
世界では”人間同士の敬意表現”がマナーなのです。
グローバル化されている昨今、基本の真髄・敬意表現としてマナーが大切です。

それでは、まず「プロトコールとは何か?」からお話しましょう。

■プロトコールは国際標準のマナー


プロトコールとは、国交における儀礼上の公式なルールのことで、
国際儀礼と日本ではいわれます。

歴史や文化、宗教が異なる国同士の交流が円滑に行われるために生まれたもので
宗教上のタブーを取り除くことなど、トラブルを未然に防ぐためやお互いに気持ちよく
過ごせるようにと様々なルールが設けられ、国際水準のマナーとなったとの事です。
(国際情勢などの変化とともにルールが変わることもあるようです。)

2020年の東京オリンピックに向けて、日本人の豊かな「お・も・て・な・し」の心に
「プロトコール」を加えて、世界中の皆様に通用するマナーに磨き上げてまいりましょう。

ファッションやメイク等のオシャレに関しても自分だけの楽しみだけでなく地域社会や
習慣や考え方が違う人々への気配りが大切になります。

日本で仕事をしている海外の若手モデルさん達でさえ、今や日本人よりもお箸の持ち方も
上手に、気遣いや心遣いも心得ているように見受けられます。
日本のおもてなしや人間性と能力は、海外の方々に大変期待されているようです。

■プロトコールで守るべき”エチケット”


国が違っても時代が違っても「人としてのありかた」には根本があります。
プロトコールにもエチケットの3原則があり、それらは日本人も大切にしている心と同じ
です。


◎エチケットの3原則

1. 人に好感を与えること
温顔・和顔で接する。例えば足を踏んだ人だけでなく、踏まれた人も”excuse,me(失礼し
ました)”と声をかけるのです。
江戸しぐさの中にも「うかつあやまり」として、足を踏まれた人も、「こちらこそうっかり
して」と謝る気配りルールがあったようです。素敵な江戸のマナーですね。

2. 人に迷惑をかけないこと
たとえば、公共の場でむやみに騒いだりしない。
T・P・Oに合った服装と行動をすること。

3. 人を尊敬すること
障害をお持ちの方への配慮や敬老心、レディファースト等・・・
全て人の心には神性があります。お互いに敬い畏敬の念も忘れないようにしましょう。

◎公共の場でのエチケット国際常識

1.ご高齢者や妊婦さん、障害をお持ちの方には席をゆずりましょう。
2.人前でのお化粧はNG!周りが不快なだけでなく、海外では、今晩OKとのサインに
  なり危険です!
3.後ろから来る人がいる場合は、ドアは押さえて待ちましょう。
  ドアを押さえて頂いた時には笑顔で「Thank you ありがとう♡」と挨拶。
  何か自分が助けになれることはないかしら、と思いやれることも大切ですね。



■プロトコールマナー ①:敬意を示す

お相手に敬意を示しながらお付き合いするのは当然の
ことですが、問題はその表し方。

表現方法は人それぞれで、”自分らしさ”はとても大切
ですが、自己流では時として、お相手に伝わらないど
ころか気分を害されてしまうこともあります。

国際社会では、世界共通の敬意表現方法がありますの
でご紹介します。


◎プロトコール5原則


1.地域慣習・異文化の尊重 local customs respected
 歴史や文化が異なる国同士の交流が円滑に行われるために必要なことは、お互いの地域の
 慣習や尊重し十分に敬意を払います。
 お相手の慣習を理解するためには、自国の文化伝統をも理解する必要は、とても大切なこ
 ととなります。自国を理解することなく、他国を理解できることはないですね。

2.序列に配慮 rank conscious
 目上・先輩・上司のように社会は様々な場所で序列が尊重されます。
 並び順や席次、入場順や挨拶の順番など、基本を守りそれを主軸にし、TPOに合わせ柔軟
 に対応し、そこに集う全ての人に笑顔になっていただくことが大切です。

3.右上位 right the first
 プロトコールでは、右側が上位です。
 レストランや乗り物の席、エスコート、国旗の掲揚など様々な場面で活用します。

4.答礼、相互主義  reciprocation
 接待されたら同様に接待をお返しします。交流は、必ず相互の交流でなければならないと
 いう考えによるもので、国際間の慶事なども同程度の答礼を行うのが儀礼となります。

5.レディファースト lady first
 レディファーストは中世の騎士道から来たものだそうです。欧米諸国では宗教的制約があ
 る 場合を除きレディファーストが常識です。
 建物やエレベーターの出入り、乗り物の乗り降り、道を歩く時の位置(男性が車道側)や、
 着席時に椅子を引いてあげるなど、日常的にレディファーストは習慣です。
 国際社会では、パーティなど男女ペアーで一組と評価されます。

■プロトコールマナー ②:美しい姿勢

◎第一印象は、美しく正しい姿勢で

「マナーは人格をつくる」と云うことわざがあるそうです。
正しい姿勢=美しい姿勢は世界のマナーの基本です。

日本女性は、姿勢の悪い方が多いですね。
スマホの影響か、前肩で猫背、パンプスをひざの曲がったまま歩いていらっしゃる女性が
多くて残念です。

心と体を大切に扱い、正しい姿勢を身につける事は、自分への命のマナーであるとともに
他者へのマナーとなります。世界でも輝ける正しく美しいマナーも身につけたいものですね。

正しい姿勢は、骨が本来の位置にある状態です。横の立ち姿から見ると「頭の天中」「耳」
「肩」「くるぶし」が一直線上にあり、さらに「耳たぶの下」と「上唇」が一直線上にある状
態です。

周りの人に与える影響として、姿勢の良い人には品性や美しさ、好感や信頼感、安心感や
大切に扱ってくれそうな満足感を与えることになるでしょう。
なにより、正しい姿勢でいることで、体が楽になり疲れにくくなって、脳もよく働き実力を
発揮しやすく、自分自身の心が落ち着きます。

そして、一回一動作で気品のある所作で振る舞いましょう。
一つ一つのことに心を込めて振る舞うことで美しいだけでなく、自分も周りも落ち着き物事
がスムーズに運ぶことでしょう。

まだまだ、大切な国旗の扱い方やテーブルマナーや国際社会の上位席などのルールもありま
すが、またの機会にお伝えしたいとおもいます。

新年度で、就職や転職・転勤などで、環境が変わる事がある方もいらっしゃると思いますが、
今までと違う環境になるようでしたら、ぜひプロトコールマナーも参考になさってください。

■プロトコールマナー ③:ドレスコード


◎知らないと恥ずかしい!?昼と夜のドレスコード

大人として身近な慶事のマナーも最後にお伝えします。
ドレスコードは、最低限のマナーです。確認くださいね!
昼と夜で適したドレスコードがあります。

昼は、光る素材を避け、肌の露出は控えたワンピースなどで式を盛り立てる品の良さと華や
ぎがあると喜ばれるでしょう。アクセサリーも上品にパールネックレスなどがおすすめです。
夏場でも素足はNGです。網タイツや柄の主張が激しいタイツも避けてください。
ナチュラルストッキングがマストです。

夜は、18時を境にドレスコードがカクテルドレス・イブニングドレスとなり、輝く素材や
節度のある露出は夜のパーティはOKですが、肌の露出が少ないほど格式か高くなるので、
ドレスコードを確認しながら敬意表現としての装いを楽しんでください。
アクセサリーもダイヤ・ラインストーンなどボリュームのある照明に映えるアクセサリーも
OKです。

ヘアメイクは、アップスタイルや、ハーフアップなどスッキリ清潔感を出しつつも華やかな
印象をプラス。盛り上げすぎや、ラメの付けすぎは上品さに欠けます。
メイクもドレスアップしているので、顔色が華やぐチークをいつもより華やかに。
夜のパーティならラメや鮮やかな赤いリップもOKです。
皇族の方々のオシャレを参考にしてみたら間違いないですね。


今回は国際儀礼プロトコールマナーをお伝えいたしました。日本とルールが違う上位席など
のルールもありますが、やみくもに知識を詰め込むよりも、人間関係を円滑にする心配り気
遣い、空気を読み場を乱さないことが何より大切です。
主催者の後から、同じようにまねをしていれば大きな間違いはないようですよ。(笑)

私もプロトコールマナーを学び、社会人として信頼感をもって頂くことにつながる事もあり
マナーに助けられたこともありました。

プロトコールマナーにご興味のある方は、
「一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会」のノブレスオブリージュアカデミー
がよろしいかと思います。(http://www.protocol.jp

私も、日本の精神文化・プロトコールマナー・ノブレスオブリージュなどを学び、
ヘアメイクとして認定サロンとしていただきました。

日本の文化を楽しみながら、グローバルな大人の「大和撫子」を目指し、おもてなしを楽し
んでみたらいかがでしょう。

外国のモデルさん達も日本の文化と日本人の優しさと思いやりが大好きと言って下さいます。
私達の国は、すばらしく良い国です♡

今回も最後までおつきあいくださりありがとうございました。
愛と感謝を込めて♡

木村 真規子(ヘアメイクアップアーティスト)

JJ,anan,25ans などの主力女性誌、各テレビ局、全日空、資生堂など日本の一流企業をクライアントとして持ち、広告業界の第一線で活躍。同時に人相学を学ぶことで、メイクで好感度をアップすると運命がよい方向に変化していくことを発見し、美運メイクを考案。
美と開運のナビゲーターとして活躍の場を拡げている。

過去のコラム一覧

2012.08.20 夏こそがアンチエイジングのキモ

2012.09.20 お肌と脳の意外な関係。

2012.10.20 幸せエネルギーを充満する呼吸法

2012.11.20 この冬のパーティメイクのコツ

2012.12.20 2013年運気アップのヘア&メイク

2013.01.20 月のテンポで”ツキ”と美を呼ぼう

2013.02.20 口元にでる品性

2013.03.20 素敵なパートナーとの出会いを呼び込むルール

2013.04.20 色の心理学

2013.05.20 夏までにダイエット!

2013.06.20 美しいお肌と腸の関係

2013.07.20 夏のオーラ肌

2013.08.20 鏡の魔法

2013.09.20 美運としての姿勢

2013.10.20 日本人の感性・うしろ姿の美

2013.11.20 幸せ美運メイク・5つのポイント

2013.12.20 美しい写真の撮られ方とコツ

2014.01.20 2014年の幸運の風を呼び込む運気アップ術

2014.02.20 女子力と運気

2014.03.20 女性ホルモンと香り

2014.04.20 運気別メイクアップ

2014.05.20 仕事運アップのメイク

2014.06.20 恋愛運アップのメイク

2014.07.20 金運アップのメイク

2014.08.20 健康運・母性運アップメイク

2014.09.20 秋冬に向けての眉メイク

2014.10.20 エイジレスな美人髪

2014.11.20 冬の乾燥ケア

2014.12.20 美運メイク2015

2015.01.20 口元の品格について

2015.02.20 なりたい自分についてのカウンセリング

2015.03.20 オイル美容

2015.04.20 プロトコールマナー(国際儀礼)

2015.05.20 愛し愛される顔

2015.06.20 穏やか心は美運のお約束 ~睡眠の質の大切さについて~

2015.07.20 美の潜在能力

2015.08.20 おとめ座のパワーを味方に

2015.09.20 秋の夜長とメンズ美容

2015.10.20 カルシウムと女性美の関係

2015.11.20 雰囲気美人、美人風オーラの出し方

2015.12.20 しあわせメイクのために

2016.01.20 新年 開運美運神社

2016.02.20 美しい横顔のために

2016.03.20 なりたい自分になる。

2016.04.20 プロフィール写真のアピール力

2016.05.20 気色・血色を良くする

2016.06.20 男性のメイクとオシャレ

2016.07.20 ハイライトの面白さ

2016.08.20 秋冬のトレンド眉

2016.09.20 秋冬のファションとチークのトレンド

2016.10.20 心美人・心化粧とは

2016.11.20 メイクの魔法

2016.12.20 新しい年の美運気アップ術

2017.01.20 2017年 新しい年のはじまりです。

2017.02.20 写真のきれいな取られ方

2017.03.20 旅メイク提案

2017.04.20 春は肌も心もみずみずしく

2017.05.20 美しくいるセルフイメージ

2017.06.20 見た目マイナス5歳のためのメイク法

2017.07.20 ハッピーエイジングのまつ毛ケアー

2017.08.20 表情筋をほぐすとストレスもほぐれる

2017.09.20 秋の気配を早ばやと感じ、秋冬のおしゃれも楽しみですね。

2017.10.20 心の壁をとっぱらい自分のありのままを表現