HOME > 木村真規子ビューティーコラム > 第28回「冬の乾燥ケア」

カートを見る
PRODUCT(商品) アイテムから探す

スキンケア一覧

美容液

化粧水

保湿ゲル&クリーム

アイケア

マスク

洗顔

美容・健康サプリメント

ヘアケア

ボディケア

メイクアップ

お肌の悩みから探す

保湿ケア

美白ケア

弾力ケア

敏感肌

ニキビケア

毛穴ケア

暮らしのニスタ まつまゆセラムモニターレポート
メイクアップ
木村真規子ビューティーコラム/PROFESSIONAL

美運・開運ナビゲーター ヘアメイクアップアーティスト木村真規子「美運ビューティーコラム」

2014.11.20

冬の乾燥ケア


早いものですね。
11月も過ぎ
年末のパーティの準備など 忙しくお過ごしのことと存じます。

ゆっくりと温泉旅行など行けたら、体とお肌の冬支度は出来そうですが…
そんな時間は取れないという方は、
お疲れを引きづらない、持ち越さない、時短な自己ケアが必要になりますよね。

やはり、美も一日にして成らず…
ですよね。

毎日ちゃんとお手入れしているのに・・・
手抜きお手入れじゃないのに・・・
という方のために
ピンチ肌の解決法をお伝えいたしましょう。

■乾燥からの簡単ケア(頭皮&髪編)


暖房や乾燥で、お肌も髪の毛もカサカサ!さらに静電気などで傷みがちです。
洋服などの摩擦や、静電気+ホコリなどで、喉や鼻腔の粘膜まで傷ついてしまいますよね。
人ごみでは、菌やウイルスにも気を付けないと、乾燥からお肌も身体も傷んでしまいます。

冬の保湿ケアはディープな保湿が必要です。
まずは、夜のお手入れとして、
乾燥から、髪の毛と頭皮を守るための簡単ケアです。

1)オイルを頭皮に塗布
お風呂に入る前に、良質のオイルを4~5滴、
乾いた頭皮に塗布しましょう。

2)頭皮マッサージ
指の腹や手首の上、手の腹を使い自分の気持ち良い加減で
マッサージします。

3)耳周りをマッサージ
耳の周りは良くもみほぐして下さいね。
リフトアップ効果とむくみ解消になります。

4)洗髪の順番は後の方に
頭皮の汚れを浮かすために、身体を洗った後などの毛穴が
開いてからのほうが、汚れが浮き上がりやすいです。

5)お湯でよく流す
まずは、お湯でよく髪を流して下さい。

6)地肌シャンプー
その後、シャンプーを軽く泡立ててから髪に泡をつけて全体
になじませ、地肌を良くマッサージするように洗って下さい。

7)汚れの気になる場合は二度洗い
汚れが気になる方は二度洗いを。
髪を洗うと云うよりも、頭皮を洗う気持ちで洗っていれば、
自然と髪を洗いすぎるという事がさけられます。

8)よくすすぐ
すすぎをしっかりと。
洗うことより、すすぎでシャンプー剤が残留することをなく
す為にも、シャンプーはすすぎが肝と心得て下さい。

9)トリートメント
リンスやトリートメントは、各社の使用方法を参考に。


10)よくすすぐ
リンスやトリートメントも頭皮に残留する事のないように良くすすいでください。
残留分があるとフケやかゆみの原因になる事もありますよ。

11)乾かす
ドライヤーなどで素早く乾かす。濡れた時間が長いほど水分の蒸発が激しくなります。
髪のダメージ・頭皮のダメージが気になる方はイオンドライヤー等の使用をおススメします。

12)アウトバスケア
ヘアードライの時に使用するトリートメント剤もあります。
傷んだ髪の方、くせ毛などで広がりの気になる方にはお薦めです。


朝シャンで生乾きのままで過ごしていると、地肌環境の悪化が気になりますので、
夜シャンをお薦めいたします。
その日の汚れは、その日のうちに…ですね。

■乾燥からの簡単ケア(お肌編)


次にお肌の乾燥のための夜のお手入れです。

乾燥肌は、
・角質層の薄い方で、基本的に水分と油分を貯える容量が 少ない方と
・角質層の代謝悪く、古い角質をため込んでしまう方

の2タイプが多いようにお見受けします。
ほどほどの角質層の厚みと新陳代謝が活発な角質だと健康肌でいられるのですが…


意外に間違っているのが

・角質層が薄いのに、ピーリング石鹸等の刺激のある洗顔料を使っている。
・洗い方・拭き方が激しい。強くこする癖がある。

皮膚が薄いといわれるタイプの方は、ピーリング石鹸等の洗浄力のある洗顔料で、
とってはいけない大切な角質層をとっている可能性もあります。

潤いを保つ角質層が薄いのですから、もし、石鹸を使った洗顔をするのでしたら、
夜だけ、優しい敏感肌用をよくよく泡立てて、皮膚を摩擦することなく、撫で洗い、
そしてよくすすぎ、石鹸分の残留を無くし、さらに冷たいお水で炎症等のもとを鎮めたら、
濡れたままお顔に良質なオイルを1滴のばします。

そして、やわらかい良質のタオルに水分をしみこませる感覚です。けっしてこすっては
いけませんよ。

皮膚の薄い方でこすり癖の方は、シミも気になってくる方が多いようです。
ついついこすってしまう所に、シミ・クスミはありませんか?

優しくタオルドライの後で、いつものスキンケアの順番で、いつもより1プッシュ多く
お肌にしみこませ、気になる箇所には手アイロンの要領で、じっくりと体温とやさしく
圧を意識して、しみ込むイメージでお手入れしてみてください。

朝の洗顔は、ぬるま湯でホコリと汗とTゾーンの油分酸化を流すくらいで大丈夫ですよ。
水でお肌を引き締めて、良質なオイルを1滴。
それからいつものスキンケアをこすらずに!
ごしごし塗りも禁止ですよ。やさしく~やさしく~ですよ。

■乾燥からの簡単ケア(頭皮&髪)


さて、角質の代謝不足でお肌で乾燥しやすい方は、
夜のお手入れとして、ゆっくりと湯船につかって毛穴から汗をたくさん出せると良いですね。

お肌だけではなく、身体中の新陳代謝を良くすること。
近頃は、半身浴でゆっくりと、というより、41度位の熱めのお湯に15分位入浴で
細胞が活性化すると云われています。
どちらかの方法で、自分の体力と体調に留意して代謝アッブを心がけてください。

お肌の代謝不足の乾燥は、古い角質が固く重なりあっているため水分と油分が十分に
角質に満たされないままで乾燥してしまっているイメージをもって下さい。

まずは、
・古い角質を柔らかくして、自然に剥がれ落ちるようにする。
 (ターンオーバーを28日にもどしたいですね。)
・ゆっくりとお湯につかり、汗をかく時間を多くとる。

時間がとれる休日などには、
・電子レンジで蒸しタオルをつくる、冷蔵庫に冷たいタオルをつくり
 タオルで温パックと冷パックを交互に行います。

  かなり新陳代謝がアップして、その後のスキンケアの効果がupします。
タオルパックの時も良質なオイルを1~2滴塗って下さい。さらなる効果が期待できますよ。

今あるもので、すぐ始められるスキンケアですね。

そして、自分は、角質の薄いタイプなのか代謝不足なのか・・・?
わからなくても大丈夫♪
今回ご紹介した方法は、どの肌タイプの方でも使え、どちらも支障のない安心な方法です。

もし、乾燥しすぎで、傷ついたり炎症があったりした場合は、皮膚科に相談して下さいね。
何事も早め早めの対処が肝心です。

健康な肌があってのお手入れです。
アレルギーのあるお肌も、何に反応するのかがわかると対処が早いです。

■乾燥肌のメイクアップ


では、日中のお肌の乾燥防止にご提案。

健康なお肌は、適度な油分と水分をバランスよくお肌に保ちますので、化粧崩れも少なく
乾燥も少ないのですが、ヨレや乾燥やクスミが気になる方は、思い切って、ファンデーショ
ンの量を少なくしてみてください。

<リキットファンデーションやクリームファンデーションを使用の方>

いつもお使いのファンデーションにダンのプリミティブ・クリームを半プッシュくらいの
少量をミックスしてみてください。
ファンデーションの厚塗りが解消できて、内側から輝くような艶肌に仕上がります。

法令線やアイゾーンのシワも厚塗りがなくなり艶のレフ版効果で女優肌です。
少しファンデがあまったら、首やデコルテにも薄く伸ばしてください。つやつやです。

<パウダリーファンデーションの方>

ベースクリームや下地にプリミティブ・クリームをプラスしてみてください。
ベースの段階で艶肌になりますので、パウダーは軽く押さえる程度にすませましょう。
「厚塗り」「カベ塗り」「べた塗り」にしない方が、お肌がより綺麗に仕上り、お化粧崩れや
お化粧なだれ(笑)がなくなりますよ。

もとの素肌が健康な状態を保っていれば、メイクもいろいろと盛ったメイクにならず
引き算のメイクになっていき、リッチな本格派のメイクに仕上がりますよね♡

私は、撮影時にインターナショナルの一流モデルさんと
ご一緒しますが、日本に来日して忙しいスケジュールで
多忙なモデルさんほど、お肌のダメージが顕著になって
きます。

そんな撮影時にもプリミティブ・クリームに助けられま
した。インターナショナルのモデルさんは、基本乾燥肌
です。お肌から発光するようなリッチ肌に仕上がる最高
の一品です。お薦めですよ。ぜひ、お試しください。

今回は、乾燥肌のお手入れ情報をちりばめてみました。

よろしければ、参考にしていただけたらと思います。


そして、パーティシーズンを素敵な気分でお過ごし下さいませ。

それではまた来月まで♡
感謝を込めて♡

木村 真規子(ヘアメイクアップアーティスト)

JJ,anan,25ans などの主力女性誌、各テレビ局、全日空、資生堂など日本の一流企業をクライアントとして持ち、広告業界の第一線で活躍。同時に人相学を学ぶことで、メイクで好感度をアップすると運命がよい方向に変化していくことを発見し、美運メイクを考案。
美と開運のナビゲーターとして活躍の場を拡げている。

過去のコラム一覧

2012.08.20 夏こそがアンチエイジングのキモ

2012.09.20 お肌と脳の意外な関係。

2012.10.20 幸せエネルギーを充満する呼吸法

2012.11.20 この冬のパーティメイクのコツ

2012.12.20 2013年運気アップのヘア&メイク

2013.01.20 月のテンポで”ツキ”と美を呼ぼう

2013.02.20 口元にでる品性

2013.03.20 素敵なパートナーとの出会いを呼び込むルール

2013.04.20 色の心理学

2013.05.20 夏までにダイエット!

2013.06.20 美しいお肌と腸の関係

2013.07.20 夏のオーラ肌

2013.08.20 鏡の魔法

2013.09.20 美運としての姿勢

2013.10.20 日本人の感性・うしろ姿の美

2013.11.20 幸せ美運メイク・5つのポイント

2013.12.20 美しい写真の撮られ方とコツ

2014.01.20 2014年の幸運の風を呼び込む運気アップ術

2014.02.20 女子力と運気

2014.03.20 女性ホルモンと香り

2014.04.20 運気別メイクアップ

2014.05.20 仕事運アップのメイク

2014.06.20 恋愛運アップのメイク

2014.07.20 金運アップのメイク

2014.08.20 健康運・母性運アップメイク

2014.09.20 秋冬に向けての眉メイク

2014.10.20 エイジレスな美人髪

2014.11.20 冬の乾燥ケア

2014.12.20 美運メイク2015

2015.01.20 口元の品格について

2015.02.20 なりたい自分についてのカウンセリング

2015.03.20 オイル美容

2015.04.20 プロトコールマナー(国際儀礼)

2015.05.20 愛し愛される顔

2015.06.20 穏やか心は美運のお約束 ~睡眠の質の大切さについて~

2015.07.20 美の潜在能力

2015.08.20 おとめ座のパワーを味方に

2015.09.20 秋の夜長とメンズ美容

2015.10.20 カルシウムと女性美の関係

2015.11.20 雰囲気美人、美人風オーラの出し方

2015.12.20 しあわせメイクのために

2016.01.20 新年 開運美運神社

2016.02.20 美しい横顔のために

2016.03.20 なりたい自分になる。

2016.04.20 プロフィール写真のアピール力

2016.05.20 気色・血色を良くする

2016.06.20 男性のメイクとオシャレ

2016.07.20 ハイライトの面白さ

2016.08.20 秋冬のトレンド眉

2016.09.20 秋冬のファションとチークのトレンド

2016.10.20 心美人・心化粧とは

2016.11.20 メイクの魔法

2016.12.20 新しい年の美運気アップ術

2017.01.20 2017年 新しい年のはじまりです。

2017.02.20 写真のきれいな取られ方

2017.03.20 旅メイク提案

2017.04.20 春は肌も心もみずみずしく

2017.05.20 美しくいるセルフイメージ

2017.06.20 見た目マイナス5歳のためのメイク法

2017.07.20 ハッピーエイジングのまつ毛ケアー

2017.08.20 表情筋をほぐすとストレスもほぐれる

2017.09.20 秋の気配を早ばやと感じ、秋冬のおしゃれも楽しみですね。

2017.10.20 心の壁をとっぱらい自分のありのままを表現