HOME > 木村真規子ビューティーコラム > 第17回「美しい写真の撮られ方とコツ」

カートを見る
PRODUCT(商品) アイテムから探す

スキンケア一覧

美容液

化粧水

保湿ゲル&クリーム

アイケア

マスク

洗顔

美容・健康サプリメント

ヘアケア

ボディケア

メイクアップ

お肌の悩みから探す

保湿ケア

美白ケア

弾力ケア

敏感肌

ニキビケア

毛穴ケア

暮らしのニスタ まつまゆセラムモニターレポート
メイクアップ
木村真規子ビューティーコラム/PROFESSIONAL

美運・開運ナビゲーター ヘアメイクアップアーティスト木村真規子「美運ビューティーコラム」

2013.12.20

美しい写真の撮られ方とコツ



早いもので今年も残り少なくなってまいりました。
クリスマスパーティや忘年会や大掃除など大忙しの時ですね。
今月もほんの少しのお時間お付き合いくださいませ。

今回のコラムは、美しいプロフィール写真の撮られ方とコツを
ヘアメイクの立場から少しばかりお伝えしたいと思います。

昔に比べると、携帯やスマートフォンやデジカメでの自分撮り等で
写真には慣れていらっしゃるとは思うのですが、
プロのカメラマンにホームページ用に撮影してもらう場合などに
ちょっとしたポイントを知っていると仕上がりがグッと違ってきますよ。
もちろん、自分撮りでも使えますのでぜひ試してみてくださいませ。

■モデルは自分研究に励む

美しく撮っていただくには、
まず、自分がどう見えるかを知ることからはじまります。

モデル達は、どう見られているか、どう見えるかを知り
尽くし、日々鏡やモニターで徹底的に研究に研究を重ね
ています。美しさとは、たゆまぬ努力の賜物。そして、
モデルとしての職人技です。

プロのモデルまではいかなくても、自分が嬉しくなる
ような自慢の写真はせひほしいものですよね。
たとえ奇跡の一枚と言われようが、美しく撮れた写真が
あったら、ホームページやブロブ、Facebookなどにも
使いたくなります。

それがそのままホームページやSNSで、出会いとしての
第一印象となりますから。

自分研究は、撮られたら自分がどのように写っているか
モニターのチェックから始まります。

まず気になるのは、フェイスラインや目の開き具合、口角の上がり具合、
歯が見える笑顔か見えない笑顔か・・・等の表情のつくり方。
きちんとポーズをつくったはずなのですが・・・・
にっこり笑ったつもりが、思うような笑顔になっていない。
ショック!ですよね。

■撮影前に顔のストレッチ

モデルさん達は、顔の表情筋がとっても発達しています。
だからこそフェイスラインもスッキリしています。
表情筋が発達していますので、滑舌も良くお声までも美しい方が多いです。

もちろん普段からモデルさんのように表情筋を意識して生活すれば良いのですが、
簡単に素人の私たちに出来るのは、撮影前にお顔の表情をほぐす事。

目は、眼球を上下左右・右回り左回りと目の筋肉をほぐしましょう。
口は、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と喉の奥までも大きく開けて
発声練習の要領で口の周りの口輪筋をほぐします。

毎日、メイクの仕上がりを手鏡でチェックする時には、上下・左右・合わせ鏡で
斜めからも横からもチェックする癖を付けておくと、表情が生き生きしてきますよ。

もちろん、毎朝メイクをする時は笑顔でのメイクアップも癖にしてくださいね。

■キレイに写るメイクのコツ

撮影用のメイクにもコツがあります。
お顔のアップ撮影になると、メイクにいつもより気合が入ってしまうのは仕方ない
のですが、気合が入りすぎてしまい、気になる部分を隠すためにファンデーション
全体が濃くなりすぎてしまうのはNGです。

現在のデジタルカメラは性能がかなり良いので、ファンデーションの
質感が濃すぎるのはすぐにバレてしまいます。

ファンデーション全体を厚塗りせずに、気になるシミなどは部分的に
コンシーラでカバーするなどしてナチュラル肌に見えるようにしください。

・ファンデーションはリキッドかクリームタイプ

撮影に向くファンデーション選びも重要です。
パウダリーファンデーションは、撮影の時は私たちプロでも難しいですね。
肌なじみの良いリキッドタイプやクリームタイプでナチュラルに
ハリ感とツヤ感を大切に仕上げましょう。

・目元はまつげに注力

肌がキレイなナチュラルメイクに見せたい時には、アイラインやアイシャドウの
ポイントメイクに凝るよりも、まつ毛部分に神経を注いだ方が目がパッチリ見えます。
繊細にマスカラを駆使したり、部分付けまつげ等を上手に利用してみましょう。

・大きいラメはNG

撮影の時は、アイシャドウやフェイスパウダーのラメ粒子の大きいものはNGです。
ラメ粒子の大きいものは、パーティ等の間接照明にキラキラと威力を発揮します。
撮影の時には、お肌が綺麗に見える微粒子パール感のアイシャドウやフェイスパウダー
がツヤ肌に見せてくれます。
ツヤのある肌質感を重視すると、女性らしい品格がでてきます。

品格で言えば、ポーズとして手が入る時には、指先に意識を向けると品格が出てくると
言われます。指先、髪先、全身が入る場合はつま先などなど神経を注いでみてください。
品格が格段にアップします。

■左美人?右美人?カメラアングルをどう見る?

ご自分のいろいろな写真を撮っていると、右顔が好きとか左顔の方が得意という好みが
出てきます。
一般的には、左顔の方が優しく美しく見えると言われています。
それはなぜかと言うと、体の左半身をつかさどっているのは、右脳。
感性が右脳の影響があるので左顔の方が優しく美しく見えるとの説です。

ご自分のお顔の左右どちらがお気に入りですか?
私は、あまり左顔にとらわれる必用はないように感じます。
なぜなら、ヘアスタイル・前髪の分け方やカメラアングルでかなり見え方は変わって
きます。

それよりも、写真を紙面や画面のどの位置に使用するのか、
見開きは、左ページなのか右ページなのかデザイン上でもしっくりくる
顔の向きがあります。
日本の雑誌の見開きと海外雑誌の見開きは逆になるのも面白いですね。

撮影でお顔映りの良いアクセサリーは、女性を綺麗に見せて品格アップの
パールがおすすめです。
お顔周りのパールは、お顔を明るく艶やかに見せるレフ板効果があります。

■5秒でできる美人写りの裏技

マル秘裏技です。

・白いハンカチをバッグに常備

美しく撮っていただくには、
まず、自分がどう見えるかを知ることからはじまります。

座って撮影する時は、ひざの上に白のハンカチをレフ板
代りにするのも隠し技です。
さらに白やシルバーの扇を自分撮影する時に持っている
と、レフ板効果が。バックに忍ばせておいてはいかがで
しょうか。(#^.^#)

・白シャツは美人写りに最適

集合写真では、白いシャツや明るい色の服を着るか、
白い服を着ている人の隣に並んで写真を撮るとレフ板
効果で綺麗に撮れますよ。(笑)

自分撮りの撮影の時は、照明が自然光か蛍光灯になりがちですから、赤のシャツや
緑など原色の洋服は、顔色に影響することを頭に入れておいてください。
洋服の色で、なんとなく赤ら顔・・・とか、緑顔・・・では、不健康に見えてガッガリな
写真になってしまいそうです。

写真もコミュニケーションです。
ホームページの写真を変えたら、お問い合わせや予約が増えたという
カウンセラーや講師の女性を何人も知っています。

素敵な笑顔の写真は人を引き寄せます。
眉間の第三の目を開くイメージで、可愛い子供や子犬に話しかけるように、
可愛い~♪ 大好き~♪ なあ~に♪ と笑顔で話しかけている表情で。

第三の目は、第三脳室につながっていて宇宙エネルギーとつながるところとも
言われる場所とスピリチャル系の方に聞いたことがあります。(笑)
宇宙スマイルという気分で眉間を開く笑顔は、運気アップスマイルですね。

クリスマスや、パーティシーズンやお正月でおめかししての記念撮影の機会もあるかと
思います。

ぜひ、たくさん美しい写真を撮って、自分の魅力を再確認して
新しい年をお迎えくださいませ。

素敵な笑顔で、キラキラの美と運気を引き寄せてください。

今年もお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。
愛と感謝を込めて。

木村 真規子(ヘアメイクアップアーティスト)

JJ,anan,25ans などの主力女性誌、各テレビ局、全日空、資生堂など日本の一流企業をクライアントとして持ち、広告業界の第一線で活躍。同時に人相学を学ぶことで、メイクで好感度をアップすると運命がよい方向に変化していくことを発見し、美運メイクを考案。
美と開運のナビゲーターとして活躍の場を拡げている。

過去のコラム一覧

2012.08.20 夏こそがアンチエイジングのキモ

2012.09.20 お肌と脳の意外な関係。

2012.10.20 幸せエネルギーを充満する呼吸法

2012.11.20 この冬のパーティメイクのコツ

2012.12.20 2013年運気アップのヘア&メイク

2013.01.20 月のテンポで”ツキ”と美を呼ぼう

2013.02.20 口元にでる品性

2013.03.20 素敵なパートナーとの出会いを呼び込むルール

2013.04.20 色の心理学

2013.05.20 夏までにダイエット!

2013.06.20 美しいお肌と腸の関係

2013.07.20 夏のオーラ肌

2013.08.20 鏡の魔法

2013.09.20 美運としての姿勢

2013.10.20 日本人の感性・うしろ姿の美

2013.11.20 幸せ美運メイク・5つのポイント

2013.12.20 美しい写真の撮られ方とコツ

2014.01.20 2014年の幸運の風を呼び込む運気アップ術

2014.02.20 女子力と運気

2014.03.20 女性ホルモンと香り

2014.04.20 運気別メイクアップ

2014.05.20 仕事運アップのメイク

2014.06.20 恋愛運アップのメイク

2014.07.20 金運アップのメイク

2014.08.20 健康運・母性運アップメイク

2014.09.20 秋冬に向けての眉メイク

2014.10.20 エイジレスな美人髪

2014.11.20 冬の乾燥ケア

2014.12.20 美運メイク2015

2015.01.20 口元の品格について

2015.02.20 なりたい自分についてのカウンセリング

2015.03.20 オイル美容

2015.04.20 プロトコールマナー(国際儀礼)

2015.05.20 愛し愛される顔

2015.06.20 穏やか心は美運のお約束 ~睡眠の質の大切さについて~

2015.07.20 美の潜在能力

2015.08.20 おとめ座のパワーを味方に

2015.09.20 秋の夜長とメンズ美容

2015.10.20 カルシウムと女性美の関係

2015.11.20 雰囲気美人、美人風オーラの出し方

2015.12.20 しあわせメイクのために

2016.01.20 新年 開運美運神社

2016.02.20 美しい横顔のために

2016.03.20 なりたい自分になる。

2016.04.20 プロフィール写真のアピール力

2016.05.20 気色・血色を良くする

2016.06.20 男性のメイクとオシャレ

2016.07.20 ハイライトの面白さ

2016.08.20 秋冬のトレンド眉

2016.09.20 秋冬のファションとチークのトレンド

2016.10.20 心美人・心化粧とは

2016.11.20 メイクの魔法

2016.12.20 新しい年の美運気アップ術

2017.01.20 2017年 新しい年のはじまりです。

2017.02.20 写真のきれいな取られ方

2017.03.20 旅メイク提案

2017.04.20 春は肌も心もみずみずしく

2017.05.20 美しくいるセルフイメージ

2017.06.20 見た目マイナス5歳のためのメイク法

2017.07.20 ハッピーエイジングのまつ毛ケアー

2017.08.20 表情筋をほぐすとストレスもほぐれる

2017.09.20 秋の気配を早ばやと感じ、秋冬のおしゃれも楽しみですね。

2017.10.20 心の壁をとっぱらい自分のありのままを表現